読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/27~5/1 関西帰省

今回のゴールデンウィーク期間は移動日等を除いてほぼ練習の毎日でした。練習内容は毎回ブログに記録すべきなのですが、練習後はオールアウトでばったり倒れてしまう事が多くてなかなか記事にすることができませんでした。

 

4/28 猪名川&勝尾寺

前日にのむラボさんでシャマルを調整してもらってます。どう変わったかはもがいて確認だ!
f:id:ST1989:20170503195759j:image

 

アップをしたあと実家の近くにあるセグメントをアタック。するといきなりKOMを取ってしまう。のむラボさんで調整した甲斐があったか、もがくとガガッと前に出るようになっていた。
f:id:ST1989:20170503200051j:image

 

次は箕面勝尾寺のタイムを計測。Stravaでは13分56秒と自己ベスト記録が出たが、関西ヒルクラTTに登録している自己ベスト記録は13分半くらいの記録なのでもう少し縮められるはず。
f:id:ST1989:20170503200323j:image

 

勝尾寺の負荷分析。ゴールスプリントで心拍が限界突破している。実際この時は死ぬかと思った。
f:id:ST1989:20170503200601j:image

 

この日は地元のセグメント巡りで全力を出しきったのでオールアウト。なお、前半に取ったKOMはツイのフォロワーさんに奪還されました。5時間だけの王者だった…

 

4/29 六甲山逆瀬川

前日に滅茶苦茶追い込んだくせに性懲りもなく練習に出撃。しかも超級山岳の六甲山逆瀬川ルート。アホやwwww

 

戦が始まる…
f:id:ST1989:20170503200916j:image

 

Stravaやる前から何度も登ってるのでコースの厳しさは熟知している。信号待ち時間抜きのグロスでのタイムは47分ほどなので、Stravaで計測されるネットでのタイムはおよそ50分前後くらいになるだろうと思いながらスタート。

 

盤滝トンネル東を過ぎた後から本格的な登りに入る。分かってはいるけど斜度10%オーバーがずっと続くのは苦しい。とてもじゃないけど加速は無理。タイム向上ではなく生き残るためのダンシングが続く。そう、逆瀬川ルートは一桁台の斜度はたとえ9%だろうと癒し系なのだ…

 

宝殿の料金所を過ぎれば若干斜度は緩むのでペースを上げる。しかしここまで相当体力を使ってきてしまったのでそこまで劇的にペースは上がらない。最後はスプリントの気力もなくシッティングでゴール。

 

タイムは概ね予想通り51分23秒でした。信号停止は3回くらい。
f:id:ST1989:20170503201843j:image

 

負荷分析。常に心拍ゾーンが4以上だったので拷問レベル。
f:id:ST1989:20170503202017j:image

 

この日は超級山岳登ったのでオールアウト。

 

4/30 アワイチ

この日は以前から行きたかった淡路島に行って来ました。しかし特記することは特になし。写真もこの一枚だけ。何故なら最初から最後まで爆走モードに入ってたからです。
f:id:ST1989:20170503202211j:image

 

補給以外は黙々とクランクを回すのみ。しかし、アワイチは信号の数もそんなにないし、ルートも迷いにくいのでストイックに走るのにも向いてると思いました(小並感)

 

約150kmほぼ全開走行(セグメントは特に)オールアウト。