読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/15 短距離高強度練習

今日は仕事が休み!しかし午後から天気が崩れて雨が降るということで距離を短めにしてその分強度を上げて練習をしました。

 

今回使用したのは、京築アグリラインというアップダウンの続くパンチャーが好みそうな広域農道を経由して、求菩提をヒルクラして戻ってくるというルート。

f:id:ST1989:20170415213306j:image

 

 京築アグリライン

まずは自宅を出て京築アグリラインを目指す。ある程度ケイデンス高めでアップをしながら走る。京築アグリラインの直前になるとガーミンがライブセグメントを自動起動しだした。対象セグメントは下香楽、表示された対戦相手はインタープロの某オーマイな人!お…おーまい……

 

ちょwwww相手はプロじゃねえか。勝てるかな…なんて考えながらライブセグメント開始。距離は800mでゴールまでは短いが平均斜度が7%なのでスタート直後からダンシング使って全力でアタック。あとは何も考えずとにかく踏み込みまくってゴール。

 

結果は12秒差で勝利。しかし、踏み続けなければすぐ追いつかれる所だった。
f:id:ST1989:20170415215146j:image

 

このセグメントで全力を出しきったので、次の求菩提のセグメントまでは流しで走ることにする。

 

求菩提

京築アグリラインの外れにある地元ではそれなりに知名度のあるセグメント。前半は緩やかな登り、最後の1kmからは斜度が上がって辛い。特に前半は高速ヒルクライムをすることになるので向かい風だときつい。

 

対戦相手を自己ベストに設定してライブセグメント開始。前半区間で早速遅れだす。なんだこいつ、やたら速いぞ!俺の癖に!!などと思いながら必死に追いすがるも中盤のちょっとした登りで一気に1分以上のビハインドをつけられぶっちぎられてしまう。

 

最終的に2分差で負けました、自分自身に。多分自己ベスト取ったときは凄く調子が良かったんだろうなあ。しかし、記録としては自己第二位なので極端に悪い結果ではなかった
f:id:ST1989:20170415220028j:image

 

求菩提山駐車場にて。今回の練習からホイールを決戦用に使っているボーラTUから練習用のシャマルに戻してます。
f:id:ST1989:20170415220946j:image

 

帰り

求菩提のアタックも終えたし、ひと山越えて帰ろうと思ったら…

 

目の前にとんでもない雨雲がいました。
f:id:ST1989:20170415220418j:image

 

仕方がないので求菩提山駐車場で時間を潰して雨雲を避けてから帰路につく。雨雲を回避したので雨こそましだったが道中の路面状況は完全ウェット。尻と背中と機材をずぶ濡れにして帰宅。雨に濡れないようにと短時間で終わる練習にしたのに結局濡れてしまった(´・ω・`)

 

練習所感

ヒルクライム時にまだまだ身体の重さを感じるのでさらに体重を落とす必要あり。

走り込みは大事。引き続きロング練をしていきたいと思う。