読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/3 アフリカンジャパリ練 160km

 過去記事にもあった通り、今月は体重を落としてパワーウェイトレシオを上げるためにロングライドを練習に取り入れていきます

st1989.hatenablog.com

起床

練習前日は風呂場ですね毛を剃ってモチベーションアップ。22時に就寝して5時に起床。目覚めはあまり良くないけども体動かしてるうちになんとかなるでしょう。

 

朝食は自転車乗りらしくパスタビアンカ200gをささっと食べてしまう。

食後はプロテインマルチビタミン剤を胃に流し込む。

f:id:ST1989:20170403205739j:plain

 

ルート

自宅を出発した後国道10号線を南東へ進み、宇佐に入ったら国道500号線を使ってジャパリパークアフリカンサファリを経由して別府市街地へ。別府からは国道10号線を北上してそのまま自宅へ帰るルート。100マイル走るときによく使うルートなのでジャパリルートと名付けよう。

f:id:ST1989:20170403210055j:plain

 

ジャパリルートのコースプロフィールはこんな感じ。

序盤は平坦だが中盤に山岳地帯あり。アフリカンサファリを頂点にして一気に別府市街へダウンヒル。後半は若干の登りがあるがほぼ平坦。

f:id:ST1989:20170403210758p:plain

 

 練習開始

7時前に自宅を出発。もう4月だというのにガーミンの気温計は2度を表示している。上は長袖なので温かいが下は半パンのレーパンなのでダイレクトに風が当たって寒い。日が昇ったらむしろ暑くなるだろうと思い我慢する。

 

中盤の山岳地帯に入るまではアップを兼ねて心拍ゾーンを3以上に上げないようにする。脂肪を燃焼させて体重を落とすのが目的のライドなので序盤から極端に強度を上げたりはしない。

 

宇佐の市街地を超えて山岳地帯に入る。激坂はないがそこそこの斜度の坂が続く。心拍ゾーンは所により4に上がるが一定のペースで淡々と登る。途中でダンシングをしてフォームのチェックも行う。

 

坂を登り切ったら見えてくるのがアフリカンサファリ。ここまで来たら行程は約半分なので補給に気を付けつつ走る。

練習の途中だがちょっとごつい「フレンズ」と記念撮影。

f:id:ST1989:20170403212252j:plain

 

後半

「フレンズ」と別れを告げたら別府の市街地を目指して高速ダウンヒル。途中荒れたワインディングがあるが関西にいた頃に六甲山で鍛えたダウンヒルテクニックで危なげなくクリア。明礬温泉の湯けむりと匂いを堪能しながら走り抜ける。

 

別府市街から10号線に入ればあとは北上して帰るだけ。正午になり気温が高くなってきたので水分補給は怠らずに行う。向かい風はきつく足に負担がかかるが、適切に補給食を食べているのでハンガーノックの兆候は出なかった。

 

宇佐まで戻ると、序盤で走った道と合流。あとは適当に流して帰ろうかなと思ったが、サイコンに表示されている平均速度が割といい感じだったので逆にペースを上げて帰ることにした。

 

終盤ペースアップ

サイコンを確認した時点で残り約20km。これくらいならペースアップしてもなんとか耐えられるだろうと判断し、下ハン持って気合を入れる。

 

後半の行程はほぼ向かい風だったので足が消耗している。痛みを感じるがすぐ終わるからと歯を食いしばって我慢。風のせいで速度は出ないが心拍はゾーン4に上がりきつい。強度を上げた時に怖いのが周りが見えなくなること。10号線はトラック等の交通量が多いので、強度は上げるが顔を下にせず、常に前を見て走る。

 

自宅に帰ってきて練習終了。160kmオールアウト!気になる平均速度はStrava読みで 25.5kmだった

 

練習所感

たーのしーゲフンゲフン

 

特に問題なくロング練を終えることが出来た。今回のような練習を繰り返せば必ず体重を落とすことができるはず。今月末にゴールデンウィーク休暇があり、それを利用してまた関西に帰省するのでそのときまでに体重を落として走りにキレが出るようにしたい。

 

あと、今回は心拍を管理して強度の管理を行ったが、やはりパワーメーターが欲しい。指標が胸に巻いたハートレートセンサーしかないフレンズなんだ…

 

オニギリ…オニ…ギリ……
f:id:ST1989:20170403220310j:image